メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 感染症・皮膚 > 
  3. 皮膚 > 
  4. うつる皮膚病最前線
  1. トップ > 
  2. 感染症・皮膚 > 
  3. 感染症 > 
  4. うつる皮膚病最前線

皮膚科診療最前線シリーズ
うつる皮膚病最前線

うつる皮膚病最前線

シリーズ 皮膚科診療最前線シリーズ
定価 3,672円(本体3,400円+税)
版 型 B5版変型
頁 数 300頁
ISBN 978-4-7792-0358-9
発売日 2009年2月28日
編集 宮地良樹

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

日常皮膚科診療で,患者から聞かれるもっとも卑近な質問は「うつりますか」である。人の目に映る皮膚病は,他人に「うつると思われるのではないか」という懸念を抱くようで,「うつりませんよ」というだけで患者は安堵の表情を浮かべるのが常である。それほど皮膚病にはウイルス・細菌・真菌感染症から性感染症に至るまで「うつる皮膚病」が多い。皮膚が生体の最外層にあり,不断に微生物が侵入をうかがう臓器であれば,当然の帰結でもあろう。

皮膚感染症は大いに患者を悩ませるだけでなく.湿疹・皮膚炎群と並んでcommon skin diseasesの双璧であるので,皮膚感染症の診断ができれば,common skin diseaseの半分はマスターできたも同然である。だからこそ,皮膚感染症の知識とスキルは皮膚科医にとって必須となる。本書では,「うつる皮膚病」という切り口で,あらゆる皮膚感染症診療のノウハウを横断的にまとめた。あらゆる皮膚感染症診療のノウハウを横断的に一冊にまとめた。本書が患者からの「うつりますか」という問いに明快に答え,的確な治療を提供することで患者の不安を払拭する一助となれば。

(宮地直樹「序文」より)

ページトップへ

目次

第1章 ウイルス感染症
1.急性発疹症
1.麻疹と風疹を発疹で鑑別するには
2.とっておきの麻疹診断法
コラム1・異型麻疹・修飾麻疹とは?
3.風疹診断のコツ
コラム2・先天性風疹症候群とは?
4.突発性発疹の診断と治療は?
コラム3・DIHSとHHV-6,-7,CMV
5.Gianotti-Crosti症候群を疑ったらどこまで検査をする?
コラム4・砂かぶれ皮膚炎様の症状はウイルス感染?
6.EBウイルス感染症の皮膚症状は?
コラム5・伝染性単核球症ではなぜ薬疹が起こりやすい?
コラム6・EBV関連リンパ腫とは?
コラム7・EBVの抗体検査はどれをすればいいの?
7.伝染性紅斑の的確な診断法
コラム8・急性発疹症と登校停止
2.ウイルス性疣贅
1.足底疣贅と鶏眼の鑑別法は?
コラム9・ミルメシアとは?
2.てこずる疣贅のベスト治療は?
3.扁平疣贅と尋常性疣贅の違い
コラム10・疣贅状表皮発育異常症は?
4.尖圭コンジローマと扁平コンジローマの鑑別
コラム11・イミキモドの使い方
5.ボーエン様丘疹症の診断
コラム12・発癌ウイルスとしてのHPV
6.伝染性軟属腫と鑑別すべき皮膚疾患
コラム13・陰部軟属腫をみたら
3.水疱性ウイルス疾患
1.単純ヘルペス初感染の皮膚症状と治療
2.再発性単純ヘルペスの皮膚症状と治療
コラム14・単純ヘルペスはどうやって感染する?
コラム15・抗ウイルス薬の抑制効果とは?
3.くり返すカポジ水痘様発疹症をどうする?
4.水痘臨床診断のコツ
5.重症帯状疱疹の徴候は?
6.帯状疱疹後神経痛の治療は?
7.手足口病の診断はどうする?
4.その他のウイルス感染症
1.ATLを疑わせる皮膚症状

第2章 細菌感染症
1.伝染性膿痂疹とSSSSの診断法
2.伝染性膿痂疹の局所治療をどうする?
コラム16・伝染性膿痂疹で腎炎になる?
3.丹毒とほかの顔面紅斑との鑑別は?
4.蜂窩織炎と血栓性静脈炎の鑑別は?
5.トキシックショック症候群とは?
6.壊死性筋膜炎の早期診断は?
7.尋常性毛瘡と白癬性毛瘡の鑑別は?
8.せつ腫症をみたら糖尿病を疑う?
9.ひょう疽とヘルペス性ひょう疽の鑑別は?
10.慢性膿皮症(臀部,頭部)に抗菌薬は有効か?
11.ウッド灯で診断する紅色陰癬
12.猫ひっかき病を疑ったら

第3章 抗酸菌感染症
1.真性皮膚結核を疑う皮膚病変
2.結核疹を疑う皮膚病変
3.バザン硬結性紅斑をみたら
4.非結核性抗酸菌症の皮膚病変
5.ハンセン病を疑ったら

第4章 性感染症
1.忘れてはいけない梅毒の皮膚症状
2.梅毒の標準治療は?
3.検査でたまたま梅毒反応陽性がみつかったらどうする?
4.エイズを疑わせる皮膚症状

第5章 その他
1.疥癬をみつけるとっておきの方法
2.疥癬のガイドラインに基づく標準治療は?
3.マダニでうつるライム病
4.不明熱と発疹をみたらツツガムシ病も考える
5.意外に多い日本紅斑熱の診断と治療
6.クリーピング病
7.皮膚輸入感染症
8.ケジラミ症の治療は?

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選