メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 腎臓・泌尿器 > 
  3. Year Book of RCC 2010

Year Book of RCC 2010

Year Book of RCC 2010

定価 4,180円(本体3,800円+税)
版 型 B5判
頁 数 178頁
ISBN 978-4-7792-0606-1
発売日 2010年9月30日
編集 冨田善彦 金山博臣 植村天受 篠原信雄

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

早いもので,『Year Book of RCC』も3年目を迎えました。分子標的薬の登場をきっかけに創刊された本書ですが,今年もeverolimusが保険診療で使用できるようになり,治療オプションの幅が広がりました。この2年間に,sorafenibやsunitinibの使用経験の蓄積も進み,その投与法の工夫や,手術との組み合わせについても考えていかなければなりません。また,効果の判定法も,分子標的薬は腫瘍サイズは変わらず,腫瘍内部が嚢胞状になる「効果」が出現することも多く,RECISTのみではなく,Choiクライテリアを含めて,適切な対応が必要となります。いまだ,RCCでは確立していないバイオマーカーの探求も重要になります。このように,分子標的薬についての課題はたくさんありますが,本年の『Year Book of RCC』ではこれらの点について,各先生に執筆していただきました。

新しいトピックをタイムリーに読者の先生にお届けすることを大切にする『Year Book of RCC』ですが,もう一つのコンセプトは「現場の感覚」と「本当のところ」です。分子標的薬の登場は,確かに,治療戦略に大きな影響を与えてきていますが,手術の重要性については変わることはありません。座談会「Experts Debate on RCC Surgery」では,早期から分子標的薬も使用してきた編集委員の先生方に実際の症例を出していただいて,‘Surgery’をキーワードに,各々の症例でどのような対応をしたのか,すべきだったのかを徹底的に討論していただきました。ガイドラインは確かに,日常診療のよりどころではあるのですが,現場では,「応用問題」が非常に多いのではないでしょうか。座談会「Expert Debate on RCC Surgery」を読まれた先生方で,「こういった治療法の方がよいのではないか」,「これは違う」という,ご意見がございましたら,お寄せいただきたいと思います。

本誌が先生方の診療のお役に立てれば幸いです。

(編集者「序文」より)

ページトップへ

目次

I.Round Table Discussion
Experts Debate on RCC Surgery
II.Topics of RCC―分子標的治療の最前線―
1.投与法の工夫
/1.Sequential投与 /2.Combination投与2.Pre-surgical/neoadjuvant therapy
3.Non-clear cell RCCへの分子標的治療
4.効果の判定法(Choi基準も含めて)の実際
5.バイオマーカー
6.新しい分子標的薬―mTOR阻害薬: エベロリムス―
7.New Target紹介(基礎の最近のtopics)
8.New drug紹介
III.付録
RCC関連演題の一覧(ASCO 2009,AUA 2009,EAU 2009)

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選