メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 整形外科・リウマチ・痛風 > 
  3. 整形外科 > 
  4. ファーマナビゲーター・17 ビスホスホネート編②

ファーマナビゲーター・17 ビスホスホネート編②

ファーマナビゲーター・17 ビスホスホネート編②

シリーズ ファーマナビゲーターシリーズ
定価 3,520円(本体3,200円+税)
版 型 B6判変型
頁 数 250頁
ISBN 978-4-7792-0944-4
発売日 2013年9月6日

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

ビスホスホネート製剤はその協力な骨吸収抑制作用により,骨粗鬆症に加え癌の骨転移や癌に伴う高カルシウム血症の治療薬として広く使用され,優れた効果を発揮してきた。ビスホスホネートは,ハイドロキシアパタイトに吸着し石灰化を抑制する性質から,当初は水道管の詰まり防止剤として使用されていた。このため初期の第一世代ビスホスホネート製剤の投与により石灰化も抑制され骨形成が障害されることが知られていた。また,腸管からきわめて吸収されにくく,カルシウムと結合すると不溶性となることなどから,空腹時に水で服用する必要があるのに加え,経口薬としての吸収効率は1%以下ときわめて悪かった。このためその開発の歴史は,石灰化抑制活性と比較し,より強力な骨吸収抑制活性を示し,より長期間作用が持続することにより長期間歇投与が可能な薬剤の開発を目指すものであった。こうして月1回服用の経口薬や静注薬が登場してきたのに加え,現在年1回の静注薬開発も進められている。その結果,最大の難点であった服薬率の低下が改善され,優れた骨折防止効果が検証されたビスホスホネート製剤が次々に登場し,骨粗鬆症治療の第一選択薬となっている。また,癌に伴う骨病変に対しても,協力な骨吸収抑制効果による骨破壊の防止により,骨転移に伴う骨折などの骨関連事象の出現を大幅に抑制できる薬剤が広く使用されるに至っている。
そこで本書では,まずビスホスホネートの種類と作用機序について概説頂いた後,骨粗鬆症の定義・病態,疫学,治療ガイドラインとビスホスホネート製剤の骨折防止効果についてまとめて頂くとともに,骨質やQOLに及ぼすビスホスホネート製剤の影響についても概説頂いた。癌に伴う骨病変については,その発症機序とビスホスホネート製剤の骨関連事象に及ぼす効果に加え,癌に伴う高カルシウム血症や骨痛に対する効果についても述べて頂いた。一方,ビスホスホネート製剤治療の普及と長期化に伴い,いくつかの課題も浮上してきた。これらのうち,投与後の急性期症状,長期投与が大腿骨非定型骨折や心房細動の発症に及ぼす影響,癌の骨病変患者などに対する大量反復投与後に合併が見られる顎骨壊死について概説して頂いた上で,ビスホスホネート製剤治療の今後の展望について述べて頂いた。そして最後には,ビスホスホネート製剤の使用時にしばしば遭遇する疑問について10件程度を取り上げ,エキスパートの先生方にご解説頂いた。
本領域において第一線でご活躍されている執筆陣により,ビスホスホネート治療に関する重要な課題を取り上げ最新情報を網羅した本書が,診療や研究の一助となれば幸いである。
(松本俊夫「序文」)

ページトップへ

目次

Chapter1 ビスホスホネートの種類と作用機序
1.ビスホスホネートの種類/岡崎 亮
2.ビスホスホネートの作用機序/小出雅則/高橋直之

Chapter2 骨粗鬆症とビスホスホネート
1.骨粗鬆症の定義と病態/山内美香/杉本利嗣
2.骨粗鬆症と骨折の疫学/藤原佐枝子
3.骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン/細井孝之
4.ビスホスホネート製剤の骨折防止効果/宗圓 聰
5.ビスホスホネート製剤の骨質への影響/伊東昌子
6.ビスホスホネート製剤のQOL・痛みに対する効果/遠藤直人

Chapter3 癌に伴う骨病変とビスホスホネート
1.癌に伴う骨病変の発症機序/波多賢二
2.骨髄腫に伴う骨病変の発症機序/安倍正博
3.腫瘍に伴う骨病変に対するビスホスホネート製剤の効果/小田美規/河野範男
4.癌に伴う高カルシウム血症に対するビスホスホネート製剤の効果/福本誠二
5.癌に伴う骨病変の痛みに対するビスホスホネート製剤の効果/西庄俊彦

Chapter4 ビスホスホネート治療の課題と展望
1.ビスホスホネート製剤投与後の急性期症状/岸本英彰
2.ビスホスホネート製剤長期投与に伴う課題/竹内靖博
3.破骨細胞機能修飾薬物による顎骨壊死とその対応/米田俊之
4.ビスホスホネート製剤による骨粗鬆症治療の今後の展望/萩野 浩

Chapter5 Question & Answer
1.ビスホスホネートの最大投与期間については,現在どのような見解が得られていますか/池田 聡
2.ビスホスホネート製剤を一定期間服用しても効果がみられない場合,どのような理由が考えられますか/高田潤一
3.ビスホスホネート製剤服用中に骨折を起こしてしまいましたが,服用を続けても問題ありませんか/森 諭史
4.骨代謝が低回転型の症例にもビスホスホネート製剤を投与すべきですか/酒井昭典
5.慢性腎臓病におけるビスホスホネート製剤の投与量の調節について教えてください/井上大輔
6.ビスホスホネートの副作用は経口薬と静注薬でどのような違いが認められますか/田中郁子
7.ビスホスホネート製剤によって骨吸収を阻害することで,糖代謝にはどのような影響がありますか/金沢一平/山口 徹
8.ビスホスホネートのdaily投与製剤,weekly製剤,monthly製剤をどのように使い分けるべきでしょうか/鶴上 浩
9.ビスホスホネートのmonthly製剤で,今月服用分を飲み忘れた場合と,逆に1か月に2回分服用してしまった場合の対処について教えてください/岩本 潤
10.骨吸収を阻害するビスホスホネート製剤と骨形成を促進するPTHの併用は骨粗鬆症の理想的治療に思えますが,実際にはビスホスホネート製剤単独投与時より効果が減じると聞きます。なぜですか?/鈴木敦詞
11.PTH製剤の投与期間終了後に使用する薬剤はやはりビスホスホネート製剤でしょうか/和田誠基

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選