メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. その他(医療経営など) > 
  3. クリニカルパス > 
  4. 医療・介護地域連携クリティカルパス

[改訂版]
医療・介護地域連携クリティカルパス
脳卒中,嚥下・NST・PEG,在宅,歯科・口腔ケア

医療・介護地域連携クリティカルパス

定価 4,860円(本体4,500円+税)
版 型 A4判
頁 数 176頁
ISBN 978-4-7792-1059-4
発売日 2013年3月15日
監修 藤本俊一郎 大原昌樹 木村年秀

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

2005年11月に設立した香川シームレスケア研究会の3つのワーキンググループ(WG)で脳卒中・大腿骨頸部骨折・NST地域連携クリティカルパスを作成し,2006年11月にメディカルレビュー社より単行本『地域連携クリティカルパス脳卒中・大腿骨頸部骨折・NST』として発刊した。添付したCDを利用して香川県の中讃・西讃地域で共通のデータベースとして運用を開始し,2007年6月の高松・東讃シームレスケア研究会の設立後は香川県下共通の地域連携クリティカルパスとして使用している。
その後,当初目指した連携の範囲が在宅復帰までであったため,在宅復帰後の連携の必要性が指摘され,4つ目のWGである在宅WGで新たに在宅地域連携クリティカルパスを作成した。あわせて口腔ケアの重要性に対応し,歯科在宅地域連携クリティカルパスを作成し,2009年1月に『[改訂版]地域連携クリティカルパス脳卒中・大腿骨近位部骨折・在宅・歯科在宅・NST』として同じメディカルレビュー社から発刊した。しかし,在宅地域連携クリティカルパスについては医療機関で使用する評価項目が多く含まれていたこともあり,継続した普及活動にもかかわらず思うような浸透が得られなかった。そこで,介護保険施設・居宅介護支援事業所の実務者が中心になり,介護現場が必要とし,使用される在宅地域連携クリティカルパスへの改訂を行い,2011年4月から運用を開始した。
平成22年度診療報酬改定と平成24年度診療・介護報酬改定では医療・介護のシームレスな連携の重要性が指摘され,連携の質向上のためにあるべき連携体制が明示されるとともに,活動への評価として算定の新設・変更が行われた。香川シームレスケア研究会では,まず既存の脳卒中・在宅地域連携クリティカルパスを診療・介護報酬制度のすべての算定に対応できるものとするとともに,嚥下・NST・PEG地域連携クリティカルパスと歯科在宅地域連携クリティカルパスを口腔ケアに配慮したものに改訂した。この度,これらの成果をメディカルレビュー社のご厚意により単行本『医療・介護地域連携クリティカルパス脳卒中,嚥下・NST・PEG,在宅,歯科・口腔ケア』として発刊させていただくこととなった。
今回は,研究会のメンバー以外に各領域でのエキスパートである,渡邊進先生,大久保一郎先生,田原久美子先生にも執筆をお願いし,読者の方々により質の高い内容をお届けできるよう配慮した。また,用語として,地域連携クリティカルパスはタイトル以外の文章中では地域連携パスと表記した。
最後に,添付したCDに収載されたエクセルベースの地域連携クリティカルパスソフトを必ず開かれることをお勧めする。読者の地域での医療連携にお役に立てる部分が多々あると思うので,是非「第5章 地域連携クリティカルパス使用マニュアル」に沿って使用してみていただきたい。
(藤本俊一郎「編集にあたって」)

ページトップへ

目次

第1章 地域医療連携に係る平成24年度診療・介護報酬同時改定への対応
1.改定への対応
(1)急性期
(2)回復期リハビリテーション病棟
(3)在宅・介護報酬
(4)歯科・口腔ケア
2.行政の立場から:香川県における取り組み
3.医療福祉連携士
(1)医療福祉連携士の養成と期待
(2)医療福祉連携士の活動
(3)かがわオリーブネットワーク

第2章 香川シームレスケア研究会における地域連携クリティカルパスの運用
1.脳卒中地域連携クリティカルパス運用結果からみた切れ目のない医療・介護地域医療連携の必要性
2.脳卒中地域連携クリティカルパス運用結果からみた在宅復帰に影響する関連因子の検討
3.回復期リハビリテーション病院での運用結果
4.嚥下・NST・PEG地域連携クリティカルパスの概要と運用結果
5.歯科・口腔ケア地域連携クリティカルパスの運用結果

第3章 医療・介護地域連携クリティカルパス
1.脳卒中地域連携クリティカルパス(医療)
2.在宅・介護施設地域連携クリティカルパス(介護・福祉)
3.歯科・口腔ケア地域連携クリティカルパス

第4章 香川県における地域医療情報IT化の現状

第5章 地域連携クリティカルパス使用マニュアル
1.地域連携クリティカルパス使用のための設定と使用マニュアル
2.地域連携クリティカルパス運用・入力マニュアル
3.標準化のための評価法

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選