メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 糖尿病・内分泌・代謝 > 
  3. 糖尿病 > 
  4. ファーマナビゲーター・糖尿病と骨代謝編
  1. トップ > 
  2. 整形外科・リウマチ・痛風 > 
  3. 整形外科 > 
  4. ファーマナビゲーター・糖尿病と骨代謝編

ファーマナビゲーター・糖尿病と骨代謝編

ファーマナビゲーター・糖尿病と骨代謝編

シリーズ ファーマナビゲーターシリーズ
定価 4,104円(本体3,800円+税)
版 型 B6判変型
頁 数 356頁
ISBN 978-4-7792-1265-9
発売日 2015年5月22日
編集 松本俊夫 杉本利嗣

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

長期に血糖コントロールが悪い糖尿病患者では骨粗鬆症の合併が多いことは,1948年にカルシウム・骨代謝研究の草分け的存在であるFuller Albrightにより指摘されていた。その後,1型糖尿病では骨代謝異常を来すことは認知されているが,糖尿病の95%以上を占める2型では骨密度は維持されている例が多いことなどの理由により,糖尿病合併症としての骨粗鬆症の注目度は高いとは言えなかった。しかし2000年代に入り,1型のみならず2型においても骨折リスクが高いことを示す報告が累積してきている。脆弱性骨折は転倒により起こる例が多いが,糖尿病患者では神経症や網膜症,そしてサルコペニアの合併症などにより高まる転倒リスクが骨折リスク高値の要因として挙げられる。近年,これに加え,糖尿病では骨質劣化型の骨脆弱化を来し,骨折リスクが高まることが国内外を問わず,注目されている。骨質は構造特性と材質特性に大別されるが,糖尿病では両特性ともに劣化していることが明らかとなってきている。このようなデータの蓄積により,骨粗鬆症の予防と治療のガイドラインにおいて,2型糖尿病を代表とする生活習慣病関連骨粗鬆症が続発性骨粗鬆症の代表例に位置付けられている。そして現在,糖尿病における骨質劣化を評価するマーカーの探索や骨構造指標に関する研究が急ピッチで進められている。
糖尿病関連骨粗鬆症においては,血糖コントロールのみでは骨折リスクの低減は期待しにくい。骨密度から想定される以上に骨折リスクが高まっているため,骨量減少レベルから薬物治療介入を考慮する必要がある。そして糖尿病における骨脆弱化を是正し得る候補薬剤も挙げられてきている。さらに糖尿病治療薬が骨代謝,そして骨折リスクに影響を及ぼす可能性にも配慮を要する。
一方,エネルギー代謝調節に重要な役割を担うアディポサイトカインが骨代謝を調節する一方で,骨芽細胞が産生するオステオカルシンがインスリンの分泌や感受性などの調節に関与し,そしてこれに関わる骨芽細胞のインスリンシグナルが骨代謝のみならず糖・エネルギー代謝を制御している可能性が注目されている。そして臨床的にもこれを合致する報告もされてきており,骨は標的臓器のみならずホルモン産生臓器としても機能し,多臓器を調節し得ることが明らかとなりつつある。また治療の観点からも,骨代謝に対する治療が糖・エネルギー代謝に影響を及ぼす可能性もある。以上,臓器連関の観点からもこの領域の研究は脚光を浴びてきていると言える。
近年の臨床,基礎両面での糖尿病と骨代謝の領域の目覚ましい研究の進展を背景として,この領域の最前線でご活躍されている先生方に執筆していただいた。また臨床上の具体的な問題点,疑問点をQ&Aの形で取り上げ,エキスパートの先生方に解説をいただくことによりさらに理解が深まるものと期待している。糖尿病と骨代謝に関する最新情報を網羅した本書が,糖尿病,骨粗鬆症をはじめとする生活習慣病に関する診療や研究に従事する臨床医,研究者,医療従事者そして学生の役に立つことができれば幸いである。

杉本利嗣/松本俊夫(「序文」より)

ページトップへ

目次

Chapter 1 糖尿病と骨代謝

1 糖尿病と骨カルシウム代謝/福本誠二
2 糖尿病と骨代謝マーカー/元山宏華/稲葉雅章
3 糖尿病と骨密度/山内美香

Chapter 2 糖尿病と骨質
1 糖尿病と骨構造特性/千葉 恒/尾崎 誠/伊東昌子
2 糖尿病骨材質特性/斎藤 充/木田吉城/加藤壮紀/丸毛哲史

Chapter 3 糖尿病と転倒・骨折リスク

1 糖尿病と転倒リスク/村木重之
2 1型糖尿病と骨折リスク/西田 進/石田 均
3 2型糖尿病と骨折リスク/遠藤逸朗
4 糖尿病性腎症と骨折リスク/竹内靖博


Chapter 4 糖尿病と骨粗鬆症の診断
1 糖尿病における骨密度からの骨折リスク評価の問題/宗圓 聰
2 糖尿病におけるFRAX(R)を用いた骨折リスク評価の問題点/藤原佐枝子
3 糖尿病における骨折リスクの新しい評価法/山本昌弘


Chapter 5 糖尿病と骨粗鬆症の治療
1 糖尿病における骨粗鬆症の食事管理/上西一弘
2 糖尿病における骨粗鬆症治療開始の考え方/山口 徹
3 糖尿病における骨粗鬆症治療とビタミンD/岡崎 亮
4 糖尿病における骨粗鬆症治療とSERM/太田博明
5 糖尿病における骨粗鬆症治療とビスホスホネート/萩野 浩
6 糖尿病における骨粗鬆症治療とテリパラチド/田井宣之/井上大輔


Chapter 6 トピックス
1 遺伝要因からみた糖尿病と骨粗鬆症の関連/浦野友彦
2 インクレチンからみた糖代謝と骨代謝の関連/山田祐一郎
3 インスリンシグナルからみた糖エネルギー代謝・骨代謝/吉澤達也
4 骨と多臓器のクロストーク/竹田 秀
5 糖尿病からみたWntシグナルと骨代謝/山本昌弘


Chapter 7 Question & Answer
1 糖尿病では,なぜ低回転型の骨粗鬆症になるのでしょうか?/鈴木敦詞
2 1型糖尿病と2型糖尿病の骨折リスクの違いは何に起因するのでしょうか?/森 博子
3 糖尿病で骨折リスクが高い部位がありますか?/髙田信二郎
4 骨粗鬆症治療薬が糖代謝に影響を与える可能性はありますか?/今西康雄
5 酸化ストレスが骨質を劣化させるメカニズムについて教えてください/前田和洋/斎藤 充/丸毛哲史
6 2型糖尿病において骨密度が高値なのはなぜですか?/金沢一平
7 2型糖尿病における罹病期間とコントロール状態は骨折リスクにどのように影響しますか?/堀内敏行/角田篤人
8 糖尿病治療は骨折リスクを軽減しますか?/水野有三
9 肥満は骨折リスクにどのような影響がありますか?/金沢一平
10 AGEsによる血管の石灰化にはどのような薬剤が有効でしょうか?/岡田洋右
11 糖尿病性腎症における骨代謝異常の特徴について教えてください/矢野彰三

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選