メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 患者指導・一般・読物 > 
  3. 患者指導 > 
  4. Q&A知っておきたい大腸がん質問箱106

Q&A知っておきたい大腸がん質問箱106

Q&A知っておきたい大腸がん質問箱106

シリーズ 質問箱シリーズ
定価 1,980円(本体1,800円+税)
版 型 A5判
頁 数 206頁
ISBN 978-4-89600-640-7
発売日 2003年11月20日
監修 西條長宏

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

『病気のことばかりでなく,治療の内容も自分で理解し判断することが必要な時代になってきました。』大腸がん治療において重要なインフォームド・コンセントの場で,医療スタッフと患者さんとの円滑なコミュニケーションが可能となる。簡潔で読みやすく,しかも専門書と同等の高度な学問的データを必要かつ十分に掲載。ご家族,医学生,医療従事者の方々必見の書物!主な「がん患者の会,患者支援団体」の連絡先リストを巻末に掲載。

ページトップへ

目次

外来
大腸がんの特徴
/Q1・直腸がんはどのような症状ですか? /Q2・結腸がんはどのような症状ですか?ほか大腸がんの検査
/Q6・どのような検査で大腸がんと診断できますか? /Q7・検査をしてどれくらいで結果がでますか?ほか診断
/Q23・大腸がんと診断されたらどのくらいの期間,入院したり病院に通ったりしなければなしませんか? /Q24・大腸がんにもいろいろな種類があるのですか?ほか病理組織学的診断
/Q30・病理診断とはどのようなもので,どのような場合に行なうのですか? /Q31・細胞診とは?ほかなぜ大腸がんになるのか
/Q34・大腸かんはどのようにして発生? /Q35・年齢と大腸がんの関係は?ほか
入院
入院時の心構えと準備
/Q40・入院時にはなにを準備すれば? /Q41・インフォームド・コンセントとは?ほか大腸がんの病態と病期
/Q43・大腸がんの進行の度合いはどのようにしてあらわされますか? /Q44・大腸がんの組織学的分類とは?ほか
転移の病態と臨床
/Q47・がんはなぜ転移? /Q48・リンパ性転移とは?ほか
大腸がんの治療
治療法の種類とその適応
/Q58・外科(手術)療法とは?またどのくらい期間がかかりますか? /Q59・外科療法の方法と,その適応は?ほか外科(手術)療法
/Q73・手術をしない大腸がんはありますか? /Q74・手術をする場合はどのくらいの期間入院するのでしょうか?ほか化学療法
/Q82・大腸がんの肝転移に対して,(肝臓がんでされている)エタノール注入療法は適応されますか? /Q83・肝動注療法とはどのような治療でしょうか?その適応,効果,副作用について教えて下さい手術後の管理とリハビリテーション
/Q84・手術を終えた直後,注意しなければないことを具体的に教えて下さい /Q85・大腸がんの手術の合併症には,どのようなものがありますか?ほか術後補助療法
/Q87・術後補助療法とはどのようなことですか? /Q88・化学療法にようる術後補助療法にはどんなものがありますか?その期間と副作用を具体的に教えて下さいほか退院後(手術後の生活)
/Q90・特に食事で注意しなければならないことはなんですか? /Q91・職場復帰をしたいのですが,いつから始められますか?また,どのくらいの期間,病院に通院しなければないらないでしょうか? ほか人工肛門
/Q93・人工肛門はどのような大腸がんに適応されますか? /Q94・人工肛門はどのようにしてくつられるのですか?ほか
その他
/Q96・民間療法,特に健康食品をどのように考えたらよいのでしょうか?また大腸がんに効果はありますか? /Q97・大腸がんの集団検診とはどのようなことですか?ほか
臨床試験
/Q99・臨床試験とはどのようなものですか? /Q100・臨床試験の安全性や効果はどのようにチェックされているのですか?ほかがんの痛み(疼痛)について
/Q103・痛みはどのようにして起こるのですか? /Q104・どのような痛みがありますか?また,その対処法は?ほか

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選