メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 血液学・免疫学・癌 > 
  3. 血液 > 
  4. エリスロポエチンのすべて

エリスロポエチンのすべて

エリスロポエチンのすべて

定価 5,060円(本体4,600円+税)
版 型 B5判変型
頁 数 296頁
ISBN 978-4-89600-913-2
発売日 2006年1月10日
監修 平澤由平 平嶋邦猛
編集秋澤忠男 下条文武 斎藤明 鈴木正司

在庫

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

ヒトエリスロポエチン治療は患者の病態に驚くほどの変化を起こし,心不全や肝炎合併症率の減少はもちろんのこと,活動力の飛躍的な向上をもたらした。・・・・本書には,腎性貧血およびヒトエリスロポエチンの基礎と臨床について,あますところなく最新の知見が執筆されている。

(「序章」より)

ページトップへ

目次

第 I 章 開発の経緯
/1.開発の経緯/2.rHuEPOの臨床応用
第II 章 エリスロポエチンの基礎
/1.遺伝子と構造/2.産生細胞と発現機序/3.エリスロポエチンレセプターとシグナル伝達/4.造血のメカニズム/5.体内動態
第III章 エリスロポエチンの臨床
1./1)血液透析/2)CAPD/3)保存期/4)糖尿病性腎症/5)小児腎性貧血/6)自己血輸
2./1)rHuEPO投与と鉄/2)EPO抵抗性貧血/3)赤芽球癆(PRCA)
3./慢性血液透析患者における腎性貧血治療のガイドライン
4./新たな臨床応用へのアプローチ
第IV章 エリスロポエチン研究の最前線
/1.神経保護作用/2.心筋保護作用/3.血管新生/4.遺伝子治療/5.原虫感染症トリパノソーマ感染におけるエリスロポエチン投与の効果
第V章 次世代の貧血治療薬
/1.新たな貧血治療薬への期待

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選