メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. THE BONE > 
  4. THE BONE2017年春号(Vol.31 No.1)
THE BONE2017年春号(Vol.31 No.1)
  • バックナンバー

THE BONE

多岐にわたる骨疾患領域のトピックスをレビュー

2017年春号(Vol.31 No.1)

2017年4月発売予定

特集 骨粗鬆症リエゾンサービス

定 価 2,268円(本体2,100円+税)
版 型 A4判変型
頁 数
ISSN 0914-7047

在庫

定期購読について
季刊(2,5,8,11月)各25日発行
年間購読料:9,072円(本体8,400円+税)
定期購読を申し込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

■特集 骨粗鬆症リエゾンサービス
○特集にあたって―/鈴木敦詞

Ⅰ.リエゾンサービスはなぜ必要か?
1.骨粗鬆症の疫学/伊木雅之
2.骨粗鬆症治療薬と服薬継続率/石島旨章
3.リエゾンサービス世界の動向―FLSとOLS/萩野 浩

Ⅱ.骨粗鬆症リエゾンサービスと骨粗鬆症学会認定医制度
1.骨粗鬆症リエゾンサービスの概要と経緯/細井孝之
2.骨粗鬆症マネージャー認定制度/石橋英明
3.骨粗鬆症学会認定医制度/今西康雄
4.骨粗鬆症リエゾンサービスと骨検診/中藤真一
5.医療機関におけるリエゾンサービスの現状と問題点/池田 聡

Ⅲ.骨粗鬆症リエゾンサービスの実践―OLS-7の運用
1.骨粗鬆症のリスク評価ツール/藤原佐枝子
2.背景因子の評価―既存骨折と続発性骨粗鬆症/山内美香
3.骨粗鬆症と栄養評価・指導/塚原典子
4.運動療法と転倒リスク評価/藤田博暁
5.服薬指導とアドヒアランスの向上への取り組み/三浦雅一
6.骨粗鬆症のQOL・ADL評価/森脇健介
7.循環型リエゾンサービスの構築―診療システム構築への取り組み/鈴木敦詞

■連載
◎グラビア
◎ホネのかたち
◎海外文献紹介

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

医学・薬学

栄養

介護・福祉