メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. インフルエンザ > 
  4. インフルエンザ2016年1月号(Vol.17 No.1)
インフルエンザ2016年1月号(Vol.17 No.1)
  • バックナンバー

インフルエンザ

ウイルス学の最新の研究成果から予防医学まで

2016年1月号(Vol.17 No.1)

2016年1月発売

座談会 インフルエンザワクチンの現況と今後の展望

定 価 2,310円(本体2,100円+税)
電子版定価 2,310円(本体2,100円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 58頁
ISBN 978-4-7792-1616-9
ISSN 1345-8345

在庫

  • 購入する
  • 電子版を購入する
定期購読について(※自動更新でのお申し込み方法はコチラ)
年4回刊(3,6,9,12月)各1日発行
年間購読料:7,920円(本体7,200円+税)
定期購読を申し込む

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なり、著作権等の問題で掲載されないページがありますことをあらかじめご了承ください。
以下の「記事の電子版」に掲載されている記事のみが、電子書籍上で閲覧できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の電子版
  • 目次

記事の電子版

巻頭言
全粒子ワクチンの再評価

城野洋一郎

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

座談会
インフルエンザワクチンの現況と今後の展望

齋藤昭彦/酒井伸夫/柏木征三郎

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 7頁

電子記事版を購入

立ち読み

実地医療に役立つインフルエンザトピックス
人獣共通感染症とインフルエンザ

喜田宏

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 7頁

電子記事版を購入

立ち読み

Voice of pharmacist
小児におけるラニナミビルの吸入指導のポイント

浦上勇也

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

Q&A
新型インフルエンザ発生の危険性はまだ続いているのでしょうか.

外岡立人

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 1頁

電子記事版を購入

Q&A
2013/2014シーズンに北海道で報告されたオセルタミビル耐性ウイルスの小児における臨床効果はどのようなものでしたか.

角谷不二雄

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 1頁

電子記事版を購入

Q&A
インフルエンザ患者数はどのように集計しているのでしょうか.

亀井美和子

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 1頁

電子記事版を購入

Q&A
4種混合インフルエンザワクチンで感染リスクは減るのでしょうか.

渡邉真治

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 1頁

電子記事版を購入

治療
呼吸器内科医からみたインフルエンザの治療

鍋谷大二郎 ほか

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 6頁

電子記事版を購入

立ち読み

予防
これからのワクチン効果判定法―test-negative case-control design(診断陰性例コントロール試験)―

菅谷憲夫

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

専門家に聞くインフルエンザウイルス講座
インフルエンザの診断法

小澤真 ほか

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

地域のパンデミックプランニング
地域の保育園・幼稚園はインフルエンザ流行にどのように向き合っているか

清水宣明

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 6頁

電子記事版を購入

立ち読み

INFLUENZA REPORT
INFLUENZA VACCINES FOR THE WORLD 2015(IVW2015)参加報告

阿部元治 ほか

定価 1,320円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

目次

■座談会 インフルエンザワクチンの現況と今後の展望

○巻頭言
 全粒子ワクチンの再評価/城野洋一郎
○座談会
 インフルエンザワクチンの現況と今後の展望/齋藤昭彦/酒井伸夫/柏木征三郎(司会)
○実地医療に役立つインフルエンザトピックス
 人獣共通感染症とインフルエンザ/喜田 宏
○Voice of pharmacist
 小児におけるラニナミビルの吸入指導のポイント/浦上勇也
○Q&A
・新型インフルエンザ発生の危険性はまだ続いているのでしょうか。/外岡立人
・2013/2014シーズンに北海道で報告されたオセルタミビル耐性ウイルスの小児における臨床効果はどのようなものでしたか。/角谷不二雄
・インフルエンザ患者数はどのように集計しているのでしょうか。/亀井美和子
・4種混合インフルエンザワクチンで感染リスクは減るのでしょうか。/渡邉真治
○治療
 呼吸器内科医からみたインフルエンザの治療/鍋谷大二郎 ほか
○予防
 これからのワクチン効果判定法―test-negative case-control design(診断陰性例コントロール試験)―/菅谷憲夫
○専門家に聞くインフルエンザウイルス講座
 インフルエンザの診断法/小澤 真 ほか
○地域のパンデミックプランニング
 地域の保育園・幼稚園はインフルエンザ流行にどのように向き合っているか/清水宣明
○INFLUENZA REPORT
 INFLUENZA VACCINES FOR THE WORLD 2015(IVW2015)参加報告/阿部元治 ほか

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

医学・薬学

栄養

介護・福祉