メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. がん分子標的治療 > 
  4. がん分子標的治療2018年6月号(Vol.16 No.2)
がん分子標的治療2018年6月号(Vol.16 No.2)
  • 次号予告
  • バックナンバー

がん分子標的治療

がん治療の新しい光「分子標的治療」の最先端情報を発信する

2018年6月号(Vol.16 No.2)

2018年7月発売

Theme 分子標的薬の新しいバイオマーカー

定 価 2,700円(本体2,500円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 124頁
ISBN 978-4-7792-2111-8
ISSN 1347-6955

在庫

  • 購入する
定期購読について
季刊(3,6,9,12月)各10日発行
年間購読料:10,800円(本体10,000円+税)
定期購読を申し込む
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

巻頭特別企画「対談」
・第16回日本臨床腫瘍学会学術集会開催に向けて/西條長宏/中西洋一
■Theme 分子標的薬の新しいバイオマーカー
◎State of the art reviews and future perspectives
・NGSを使用したマルチプレックスパネルの開発:「TOP-GEAR」を例に/山本 昇
・分子標的薬耐性研究における次世代シーケンス解析/大坪孝平 ほか
・免疫チェックポイント阻害薬に関わるバイオマーカー/北野滋久
・血管新生阻害薬のpharmacogenomicsバイオマーカー/佐藤太郎
・リキッドバイオプシーによる新たな肺がん分子標的治療/洪 泰浩
◎Round Table Meeting
・バイオマーカーの最近のtopics/中川和彦/各務 博/松村 到/岩田広治
◎Cancer biology and new seeds
・抗腫瘍免疫抑制による肥満関連肝がんの促進機構と分子標的/大谷直子
・インテグリンα10による粘液線維肉腫形成の促進/岡田知代
・神経成長因子による胃腫瘍形成の促進/早河 翼
・分岐鎖アミノ酸代謝のリプログラミングによるがん進行の制御/服部鮎奈 ほか
・腫瘍免疫関連分子B7-H3による抗PD-1/PD-L1抗体治療への抵抗性/米阪仁雄
◎Pharmacogenomics and biomarker
・Pharmacogenomicsに基づく乳がんホルモン療法の個別化/清谷一馬 ほか
・頭頸部扁平上皮がんにおける特異的な新たなシグナル経路/福角隆仁
・KRAS変異がんに対する新しい治療治療戦略/足立優太 ほか
・PD-1阻害がん免疫療法におけるミトコンドリアを介したエネルギー代謝の重要性/仲島由佳 ほか
◎Learn more from previous clinical trial
・DNAミスマッチ修復欠損またはMSI-highと免疫チェックポイント阻害薬効果の相関/砂川 優
・進展型SCLCに対するPCIの意義/豆鞘伸昭 ほか
・乳がんに対するCDK4/6阻害薬の意義/大竹洋平 ほか
◎News and Topics
[Topics]
・胃がんに対する2次治療以降の標準治療は?/森脇俊和
・変異特異的に作用するEGFR-TKIの効果/森 俊太 ほか
・臨床研究法について/吉田 淳
・臨床研究法について―実施上の問題点とその対策/中村健一

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

医学・薬学

栄養

介護・福祉