メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 雑誌 > 
  3. 精神科臨床 Legato > 
  4. 精神科臨床 Legato2016年10月号(Vol.2 No.4)
精神科臨床 Legato2016年10月号(Vol.2 No.4)
  • バックナンバー

精神科臨床 Legato

精神科臨床の向上を目指す総合学術誌

2016年10月号(Vol.2 No.4)

2016年11月発売

座談会 うつ病概念を再考する

定 価 2,160円(本体2,000円+税)
電子版定価 2,160円(本体2,000円+税)
版 型 A4判変型
頁 数 56頁
ISBN 978-4-7792-1808-8
ISSN 2189-4388

在庫

  • 購入する
  • 電子版を購入する
定期購読について(※自動更新でのお申し込み方法はコチラ)
年3回(2、6、10月)各25日発行
年間購読料:6,480円(本体6,000円+税)
定期購読を申し込む

※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なり、著作権等の問題で掲載されないページがありますことをあらかじめご了承ください。
以下の「記事の電子版」に掲載されている記事のみが、電子書籍上で閲覧できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の電子版
  • 目次

記事の電子版

Round Table Discussion
うつ病概念を再考する

岩田仲生/岡本泰昌/功刀浩/加藤隆弘

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 9頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatric Lecture
疫学 日本における不眠症の実態と治療の動向

三島和夫

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 6頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatric Lecture
成因・危険因子 脳画像で精神疾患の何が分かるのか

山末英典

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 6頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatric Lecture
病態 大脳基底核神経回路からみた薬物依存症の病態

疋田貴俊

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 3頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatric Lecture
診断・検査 臨床精神病理学的視点から見たうつ病の診断学

古茶大樹

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatric Lecture
治療 治療管理におけるITの役割

小松英樹

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

Psychiatry Forum
新規抗精神病薬アセナピンの臨床的位置付けと今後の期待

堤祐一郎

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

Doctor & Patient Communication
紹介時に多剤処方されていた患者への治療方針の説明

上野修一

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

Evidence Explanation
日本発のエビデンスを読む
―多施設共同RCT―

渡辺範雄

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

Doctor Interview
一般社団法人日本うつ病センター副理事長/六番町メンタルクリニック所長

野村総一郎

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 4頁

電子記事版を購入

立ち読み

Conference Report
第46回 日本神経精神薬理学会年会・第30回 国際神経精神薬理学会

池田和隆

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 2頁

電子記事版を購入

立ち読み

Administration for Psychiatry
精神障害者の地域移行

藤井千代

定価 1,296円(本体価格1,200円+税)  頁数 3頁

電子記事版を購入

立ち読み

目次

○Round Table Discussion
 うつ病概念を再考する(司会)岩田仲生(出席)岡本泰昌/功刀 浩/加藤隆弘
○Psychiatric Lecture
【疫学】日本における不眠症の実態と治療の動向/三島和夫
【成因・危険因子】脳画像で精神疾患の何が分かるのか/山末英典
【病態】大脳基底核神経回路からみた薬物依存所の病態/疋田貴俊
【診断・検査】臨床精神病理学的視点から見たうつ病の診断学/古茶大樹
【治療】治療管理におけるITの役割/小松英樹
○Psychiatry Forum
 新規抗精神病薬アセナピンの臨床的位置付けと今後の期待/堤祐一郎
○Doctor & Patient Communication
 紹介時に多剤処方されていた患者への治療方針の説明/上野修一
○Evidence Explanation
 日本発のエビデンスを読む―多施設共同RCT―/渡辺範雄
○Doctor Interview
 野村総一郎先生
○Conference Report
 第46回 日本神経精神薬理学会年会・第30回国際神経精神薬理学会/池田和隆
○Administration for Psychiatry
 精神障害者の地域移行/藤井千代

ページトップへ

学会カレンダー

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

医学・薬学

栄養

介護・福祉