メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 感染症・皮膚 > 
  3. 皮膚 > 
  4. 敏感肌の診療

敏感肌の診療
スキンケアの指導からタイプ別の治療まで

敏感肌の診療

定価 3,850円(本体3,500円+税)
版 型 A5判変型
頁 数 160頁
ISBN 978-4-7792-1653-4
発売日 2016年2月26日
著者 漆畑修

在庫

購入する
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

「敏感肌」は、一般によく使われている言葉であるにもかかわらず、皮膚科の教科書にそのような項目はありません。
「慣れない化粧品を使ったら、肌が赤くなってかゆい」。あるいは「ほんのちょっと日に当たっただけで、赤い発疹が出た」「成人になってもニキビが治らない」「アトピー性皮膚炎でたびたび炎症が悪化する」。さらには、「季節の変わり目になると、いつも肌がカサついて目の周りなどがかゆくなる」……。
皮膚科の日常診療の場で「よく出会う」そんなトラブルが起きている肌を、私たちはいつからか「敏感肌」と呼ぶようになりました。
街のドラッグストアやコスメショップには、「敏感肌対策」をうたった化粧品も数多く並んでいますし、一般の方たちだけでなく私たち皮膚科医も、安易に「敏感肌」という言葉を使っているのが現状です。
ところが、これほど当たり前に使われる言葉なのに、教科書にも「敏感肌」という項目はなく、地域医療でこんなに多く遭遇する疾患群なのに、きちんとした定義もなく、系統だった治療や患者さん指導も行われていません。
このテキストは、私が大学病院を辞め、40年も続いた叔父の皮膚科クリニックを引き継いでから8年、臨床の現場で患者さんたちと向き合いながら、「敏感肌」について考えてきたこと、伝えたいことをまとめたものです。「敏感肌」は学術用語ではなく、そのイメージや捉え方は皮膚科専門医であってもそれぞれ異なります。今回は、主に頭頸部(顔面と頭皮、首)の「敏感肌」について私なりに分類し、診断と治療、患者さん指導のポイントを整理しました。
日々、敏感肌の患者さんの診療に携わる皮膚科の医師はもちろん、看護師や薬剤師、化粧品を扱う仕事に関わる人たち、エステティシャン、あるいは介護施設スタッフなど、皮膚のケアに携わるあらゆる職種の人たちの現場で、この本が役に立てば嬉しい限りです。

(漆畑 修「はじめに」より抜粋)

ページトップへ

目次

第1章 敏感肌の概念と分類
第2章 脂漏性皮膚炎(肌荒れ過敏肌)
第3章 成人ざ瘡(ニキビ肌)
第4章 接触皮膚炎(かぶれ)
第5章 光線過敏症(光線過敏肌)
第6章 アトピー性皮膚炎(アトピー敏感肌)
第7章 外用薬の処方とスキンケア指導
第8章 敏感肌と化粧品

ページトップへ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選