メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 糖尿病・内分泌・代謝 > 
  3. その他 > 
  4. 甲状腺眼症診療の手引き

甲状腺眼症診療の手引き

甲状腺眼症診療の手引き

定価 6,600円(本体6,000円+税)
版 型 A4判
頁 数 178頁
ISBN 978-4-7792-2272-6
発売日 2020年6月15日
編集 日本甲状腺学会・日本内分泌学会

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

重篤なBasedow 病眼症は,甲状腺臨床において最も難渋する疾患の1つである。それゆえ,Basedow 病悪性眼球突出症として早くから厚生労働省難治性疾患克服研究事業「ホルモン受容機構異常に関する調査研究」班のテーマの1つとして取り上げられてきた。さらに,2007 年にはその診断基準と治療方針の作成が日本内分泌学会の臨床重要課題にも指定され,委員会が結成された。本手引きはそれら一連の成果がまとめられている。
 Basedow 病眼症の診断において,活動度と重症度の評価が重要である。従来,活動度に関してはEuropean Group on Graves’Orbitopathy(EUGOGO)の提唱するClinical activity score(CAS)が,重症度に関しては米国で開発されたNOSPECS 分類がそれぞれ使用されてきた。その後これらの評価法をもとに,治療を念頭においた分類として,International Thyroid Eye Disease Society (ITEDS)が提唱するVISA(vision, inflammation,strabismus, and appearance)分類とEUGOGO が提唱するEUGOGO分類が開発され,北米では前者が,欧州では後者が主に使用されている。わが国では今回,上記の分類にmagnetic resonance imaging(MRI)検査所見を加えたより客観的な評価法や分類が作成された。これによって,日本の診療体制に即した診断基準と治療指針が確立されたと考えられる。これまでの成果は,2011 年9 月に日本内分泌学会のホームページに『バセドウ病悪性眼球突出症(甲状腺眼症)の診断基準と治療指針(第1次案)』として,2018年3月に『バセドウ病悪性眼球突出症(甲状腺眼症)の診断基準と治療指針2018(第2 次案)』として公開されている。この度,さらに『甲状腺眼症診療の手引き』としてまとめられたことによって,Basedow 病眼症診療の質の向上と同症患者のQuality of life の改善に役立つことを切に祈念する。

ページトップへ

目次

Ⅰ.総 論
第1章 甲状腺眼症(Basedow 病眼症)の定義と名称
第2章 甲状腺眼症の疫学
第3章 甲状腺眼症の病因
  A.甲状腺眼症の病因論
  B.環境因子と遺伝因子
  C.免疫機序
第4章 甲状腺眼症の病態
  A.眼科的病態
  B.眼症状
  C.重症度
  D.活動性
   1)CAS
   2)MRI
   3)血中・尿中マーカー(TSAb,GAG など)
  E.QOL
  F.自然経過
  G.増悪因子
Ⅱ.診 断
第5章 甲状腺眼症の診断
  A.甲状腺疾患の診断
  B.甲状腺眼症の診断
  C.鑑別診断
第6章 眼科診療の実際
  A.眼科診察法(検査項目)
  B.初診時の記載
  C.再診時の記載
第7章 画像診断
  A.MRI による甲状腺眼症の評価
   1)撮像方法
   2)MRIの有用性─眼科診察所見とMRIの対比
  B.CTによる甲状腺眼症の評価
Ⅲ.治 療
第8章 甲状腺眼症の管理
第9章 甲状腺機能異常の治療
  A.内科的治療
  B.131I内用療法(アイソトープ治療)
  C.外科治療─全摘術は是か否か─
第10章 甲状腺眼症の治療
  A.重症度からみた治療
  B.眼症状からみた治療
第11章 甲状腺眼症の内科的治療
  A.ステロイド・パルス療法
  B.経口糖質コルチコイド薬
  C.その他の内科的治療(分子標的薬も含めて)
第12章 甲状腺眼症の放射線外照射療法
第13章 具体的な眼科治療法の紹介
  A.保存的治療
  B.眼窩減圧術
  C.外眼筋手術
  D.眼瞼手術
  E.糖質コルチコイド薬局所注射
  F.ボツリヌス毒素注射
第14章 治療効果の判定基準
Ⅳ.Clinical Question(種々の問題点について)
  CQ1 甲状腺眼症は喫煙と関係があるか?
  CQ2 小児の甲状腺眼症の特徴はどのようなものか?
  CQ3 甲状腺眼症は糖尿病と関係があるか?
  CQ4 甲状腺疾患が改善すれば眼球突出も改善するか?
  CQ5 将来,眼球が突出してくるか?
  CQ6 抗TSH 受容体抗体は甲状腺眼症の原因であるか?

メ モ
■悪性眼球突出症(malignant exophthalmos)
■未治療Basedow 病における頻度
■橋本病における甲状腺眼症
■甲状腺眼症のサイン
■NOSPECS分類の取扱い
■撮像方法の問題点
■主要な臨床研究論文の紹介
■新しい眼科手術療法
■新生児Basedow 病
付 録
■海外のガイドラインの紹介
 A. European Thyroid Association/European Group on Graves’ Orbitopathy( EUGOGO) Guidelines
 B.VISA 分類
■悪性眼球突出症の診断の手引き(1981 年) と
 悪性眼球突出症の新しい診療マニュアル(1991 年)
■甲状腺眼症診療を行っている施設一覧
索 引

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選