メディカルレビュー


  1. トップ > 
  2. 腎臓・泌尿器 > 
  3. Year Book of RCC 2019

Year Book of RCC 2019

Year Book of RCC 2019

定価 5,280円(本体4,800円+税)
版 型 B5判
頁 数 129頁
ISBN 978-4-7792-2292-4
発売日 2019年12月23日
編集 冨田善彦 金山博臣 植村天受 篠原信雄

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

有転移症例において根治的腎摘除術は有用か否かについては,サイトカイン時代には無作為化比較試験(RCT)の結果から一定の結論が得られていました。つまり,特にperformance status(PS)が良好などの条件を満たしている場合には予後延長に寄与する,というものです。2008年以降,ソラフェニブやスニチニブ,バゾパニブ,エベロリムスをはじめとした分子標的薬が使用されるようになり,有移転症例の予後が延長しましたが,cytoreductive nephrectomy(CNx)の意義についての高いレベルのエビデンスは存在しませんでした。このclinical questionに答えを与えるべく,かなり前からSURTIME試験,CARMENA試験の2つのRCTが開始されていましたが,2017年のESMOでSURTIME試験の結果が,またASCOでCARMENA試験の結果が報告され,おおむね全身治療を先行したほうが良い結果が得られるとの結論になりました。しかし,双方の試験ともに予定された症例数よりもかなり少ない症例での解析であり,また登録された症例が日常臨床の症例とは異なること,試験結果の解析法や解釈の問題もあり,すべての有移転症例で根治的腎摘除CNxが否定されるわけではないのが現状でしょう。また,CNxは初回診断時のみならず治療経過のなかで,特に全身治療が転移巣に奏功した際にも考慮されることがあります。本号では,この点のついてCNxを支持する,あるいは反対の立場から誌上でのdebateを展開していただきました。
 また巻頭の【Round Table Discussion】ではFar-advanced diseaseおよびhigh risk RCCに対する初期治療について実際の症例についてのディスカッションを,さらに第Ⅲ部【TKI up date】ではチロシンキナーゼに関して取り上げてみました。 本号もまた,少しでも皆様の日常診療の一助になれば幸いです。

ページトップへ

目次

Ⅰ Round Table Discussion
  Far-advanced diseaseおよびHigh risk RCCに対する初期治療/冨田善彦/金山博臣/植村天受/篠原信雄

Ⅱ Topics of RCC Yes or No ― cytoreductive nephrectomy―
 1.overview:転移性RCC
  cytoreductive nephrectomyの歴史的変遷/高橋正幸 ほか
 2.Case Base Debate①:Uofrontのcytoreductive nephrectomy
  1)Yes:行うべき/高木敏男
  2)No:慎重であるべき/大澤崇宏 ほか 
 3.Case Base Debate②:治療経過中のcytoreductive nephrectomy
  1)Yes:行うべき/吉村一宏 ほか
  2)No:慎重であるべき/加藤智幸
  
Ⅲ TKI up to date 新規TKIへの展望と期待
 1.overview:RCC治療におけるこれまでのTKI治療の総括と現状/中山雅志 ほか
 2.Cabozantinib
  1)開発の経緯とRCC以外の癌腫での状況/笠原 隆
  2)RCCでの状況/水野隆一 ほか
 3.レンバチニブ/立神勝則

Ⅳ 付録
  RCC関連演題の一覧(ASCO 2019,AUA 2019,ESMO 2019)
  索引
  編集者プロフィール

ページトップへ

医書ビブリオバトルon POPのお知らせ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選