メディカルレビュー


蘇生危機管理マニュアル

蘇生危機管理マニュアル

定価 4,950円(本体4,500円+税)
版 型 B5判
頁 数 101頁
ISBN 978-4-7792-2398-3
発売日 2020年4月15日
監訳 山口重樹

在庫

購入する

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 内容紹介
  • 目次

内容紹介

David C. Borshoff先生が書かれた『蘇生危機管理マニュアル』は『麻酔危機管理マニュアル』の続編です。
『麻酔危機管理マニュアル』では麻酔管理中のさまざまな危機的状況に関する診断と対応について記載されていましたが、
本書では救命救急センターや集中治療室での状況を想定して書かれています。David C. Borshoff先生とは2017年東京で開催された日本臨床麻酔学会第37回大会で知り合い
、その後親交を深めさせていただいています。2019年1月にシドニーで開催された気道管理に関するセミナーで再会し、その際に新たな危機管理マニュアルを執筆されたことを伺い、日本語版の翻訳を進めてまいりました。

本書は前書と同様に、航空危機管理マニュアルに似たスタイルの書籍(リング綴じ製本)で、救命救急センターや
集中治療室で危機的状況に陥った際に、迅速かつ容易に必要な情報を得ることのできるような工夫(見やすい目次とめくりやすいページ)がなされています。
パイロットのライセンスをもち、手術室、救命救急センター、集中治療室などでの百戦錬磨の経験をもつDavid C. Borshoff先生ならではの危機管理マニュアルです。
是非、本書を救命救急医や麻酔科医のみならず、医療に携われる多くの医療者の蘇生の危機管理対応に役立てていただきたいと思います。
最後に、『蘇生危機管理管理マニュアル 日本語版』の発刊にご協力いただいた多くの方々に感謝申し上げます。

(山口重樹「序文」より)

ページトップへ

目次

危機の手順 | SECTION 1 目次
・CARDIOVASCULAR
 アナフィラキシーショック
 大動脈解離
 心原性ショック
 一般的な緊急高血圧症
 特殊な緊急高血圧症
 大量出血
 広範肺塞栓症
 敗血症性ショック
 原因不明の低血圧 +(RUSH)
・RESPIRATORY AIRWAY
 交感神経性急性肺水腫(SCAPE)
 人工呼吸器の故障
 輪状甲状靱帯切開
 挿管困難
 大量喀血
 後方の鼻出血
 喘息重積発作
 気管切開合併症
危機の手順 SECTION 2
・NEUROLOGICAL
 急性脳虚血発作
 興奮性せん妄
 頭蓋内圧上昇(脳ヘルニア)
 てんかん発作重積状態
 頭蓋内出血 くも膜下出血 脳内出血
 原因不明の昏睡
・METABOLIC ELECTROLYTES DRUGS
 偶発的低体温症
 高カリウム血症
 局所麻酔薬中毒 LAST
 重症低ナトリウム血症
 甲状腺クリーゼ
 薬物中毒による徐脈
・TRAUMA
 熱傷
 多数傷病者事故 MCI
 多発外傷
・OBSTETRICS
 死戦期帝王切開
 分娩後出血 PPH
 早急な出産 新生児蘇生
・危機の管理
 コンテンツ
 バルーンタンポナーデ 上部消化管出血
 心電図とPCIの適応
 ECMOの適応
 必要不可欠な処置 側方外眼角切開,心膜穿刺,陰茎穿刺
 高いピーク圧 従量式換気
 迅速導入気管挿管(RSI)
 緊急意識下挿管
 循環動態が不安定なときの気管挿管
 神経保護的な気管挿管
 気管挿管後のチェックリスト
 心停止後の管理
 経静脈的ペースメーカー挿入

ページトップへ

医療関係者専用サイトM-Review 良質のレビュー記事を必要とするすべての医療関係者へ

糖尿病領域のオンライン投稿誌 Diabetes Frontier Online

流れがわかる英語プレゼンテーションHowTo

日常臨床ですぐ使え実践的で、症例データベースサイト“Case Library”との連携が便利な症例集シリーズ“Case Library Series”

栄養

介護・福祉

Selected Papers 文献データベース 注目のCOPD関連論文を4人のレビュアーが厳選